お世話になった人 The person who was indebted

 

 

お世話になった人が言っていた言葉

The words that the person who helped said.

 

"自分と同じようなレベルの人間と付き合っていては駄目だ。最初は居心地が悪いかもしれないが、自分の知らない世界を教えてくれる人と付き合いなさい"

"Don't be with someone at the same level as you. It may be uncomfortable at first, Be with someone who teaches you the world you don't know."

 

言われた当時は10代で意味が理解できなかった…

At that time, I was a teenager and couldn't understand the meaning ...

 

 

私が10代の時は、今ほどインターネットは使い放題ではなかった。

When I was a teenager, I couldn't use the Internet as much as I can now. 

 

私の知っている世界はすごく小さな世界でした。

The world I know was a very small world.

 

今は、SNSによって様々な国の人とコミュニケーションが取れるようになりました。

Now, I can communicate with people from various countries through SNS.

 

色々な情報を調べる事もできるようになりました。

I can also check various information.

 

学生時代は勉強をしなさいと言われるのが嫌だった。楽しくないと苦痛です。😭

When I was a student, I didn't like being told to study. It's painful if it is not fun.😭

 

興味がない事は記憶に残らないのよね😂

I don't remember what I'm not interested in.😂

 

今は、興味がある事を調べたり本を読むのが楽しいです。😃

Now it's fun to find out what I'm interested in and read books.😃

 

ある日、今まで以上に1つのことを深く考えてみようと思った。

One day, I wanted to think about one thing more deeply than ever.

 

まわりをよく見て、よく考えて、相手の立場だったらどのように考えているか?

Look closely around,  Think carefully, How do you think if you are in the position of the other party?

 

私は仮説を立ててみた。

I made a hypothesis.

 

もし、私が仕事をするならどのような人と働きたいか?

If, What kind of person do you want to work with if I business?

 

私は利益を独り占めするような人と働きたいか?

Do I want to work with someone who can monopolize profits?

 

私は経営を知らない人と働きたいか?

Do I want to work with someone who doesn't know management?

 

 

つづく…

To be continued …